2010年04月08日

JR福知山線脱線事故から5年 現場近くの菜の花畑に「命」の尊さくっきりと(産経新聞)

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故から25日で5年となるのを前に、今年も現場近くの菜の花畑に花で描かれた「命」の文字が浮かび上がった。風に揺れる黄色い菜の花は、付近を通りかかる人々に失われた命の尊さを訴えかけている。

 近くの農業、松本三千男さん(74)は事故が起きた5年前の4月25日、現場での救助活動を目撃。「遺族や負傷者の方々を元気づけたい」と一昨年5月、所有する畑に菜の花で文字を描こうと思いついたという。

<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持(産経新聞)
温暖化対策行程表、環境相試案を発表(産経新聞)
普天間の腹案は「おおっぴらにできない」首相(産経新聞)
「愛犬のあだ討ち」酌量の余地ない…小泉被告、死刑判決受け傍聴席にらみ退廷(産経新聞)
posted by タカナシ ユウジ at 03:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。