2010年06月07日

退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は3日午後、韓国の李明博大統領と電話で会談した。首相は退陣表明直前の先月29日に韓国・済州島を訪れ、北朝鮮問題などをめぐり大統領と会談したばかり。大統領が、日韓連携に努めた首相に謝意を示し「これからも友人でいよう」とねぎらうと、首相は「自由な時間ができるので、妻と韓国に行ってお目にかかりたい」と、一議員としての再会を求めた。
 電話会談に先立ち、首相は和歌山県内の自治体や農協で構成する「紀州梅の会」の表敬を受けた。同席した民主党の玉置公良衆院議員から「元気を取り戻すためにウメを食べてください」と勧められると、「元気だよ」とアピール。このほか、連合の古賀伸明会長や民主党議員らの訪問を受けるなど、内閣総辞職を4日に控え、首相としての最後の一日を淡々と過ごした。
 8カ月半を過ごした首相官邸からの退庁時に、記者団から「お疲れさまでした」と声を掛けられると、「大変お世話になりました。失礼します」と頭を軽く下げながら返答。3日付の最後の鳩山内閣メールマガジンでは、「私が進めてきた政策は、これからも引き継がれていくものと確信している」とし、読者に感謝を述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

神戸のパンダ2頭、あと5年間滞在延長(読売新聞)
「別れた両党から推薦」無念・不安の候補者陣営(読売新聞)
小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(下)(医療介護CBニュース)
<民主党>枝野幹事長に党内から異論(毎日新聞)
お役所仕事、見通し大甘…新庁舎の入居店舗ゼロ(読売新聞)
posted by タカナシ ユウジ at 21:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。