2010年03月26日

首相、普天間継続使用に含み…有事対応で(読売新聞)

 鳩山首相は24日午前の参院予算委員会で、沖縄県の米軍普天間飛行場について、移設が実現した場合でも、有事の際は同飛行場を継続使用する可能性に言及した。

 自民党の舛添要一氏が「有事の際も(普天間を)使わないのか」とただしたのに対し、首相は「安全保障の観点から有事を想定しておかなければならない。いろいろ選択肢を考えている」と述べた。

 また、首相は「返還が第一義的に重要だとの認識を持っているが、一番大事なことは(周辺の)危険性の除去を急ぐことだ」と語った。

 これに先立ち首相は同日朝、普天間飛行場移設問題に関し、首相官邸で記者団に「3月いっぱいには政府案をまとめると約束するし、それをもって米国にも理解を求め、沖縄にも理解を求める」と述べた。

<再リコール>ヤンマー修理済み製品が発火(毎日新聞)
<東京コレクション・ウィーク>秋冬物新作続々 26日まで(毎日新聞)
密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)
2次元児童ポルノ 石原知事「僕の目で見届ける」(産経新聞)
DNA解読、高速化に道=電流で塩基識別−大阪大(時事通信)
posted by タカナシ ユウジ at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

野焼き ボランティアの男性3人死亡 静岡・御殿場の陸自(毎日新聞)

 静岡県御殿場市・小山町広域行政組合消防本部に入った連絡によると、20日午前10時すぎ、同県御殿場市の陸上自衛隊東富士演習場内で野焼きのイベントがあり、燃え広がった火に巻きこまれた男性3人が死亡した。3人は一般のボランティアで参加していたという。県警御殿場署などが原因を調べている。

 消防本部によると、亡くなったのは勝間田和之さん(37)、勝間田嘉弘さん(33)、池谷慶市さん(32)。

 3人は地元の消防ボランティア組織「火防隊」メンバーの住民で、野焼きの見張り中に突風にあおられた火に巻き込まれたという。

 気象庁によると、御殿場市では20日午前から風速8メートルほどのやや強い風が吹き、午後0時38分には南南東の風で風速8.2メートルを記録、午後にかけて南よりの風が強まっていた。

 御殿場市のホームページによると、東富士演習場は演習地区と自衛隊駐屯地区、米軍営舎地区に分かれて管理されている。御殿場市と裾野市、小山町の3市町にまたがり、広さ約8800ヘクタール。3市町の面積の約2割に及ぶ。【田口雅士】

【関連ニュース】
<京都では>野焼き:炎燃え広がり、一時国道通行止め 京都・伏見
<火災の話題>火災原因:ライター火遊びで、4割が12歳以下
<火災のニュース>火災:グループホームが全焼、認知症7人死亡 札幌
<火災のニュース>放火容疑:元住職を逮捕 寺や仏具に火災保険3億円 埼玉
<火災のニュース>火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く

わいせつ雑誌を河原へ投棄、巡査長に罰金10万(読売新聞)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張(医療介護CBニュース)
千葉では瞬間風速38m、各地で強い風(読売新聞)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人−さいたま地裁(時事通信)
posted by タカナシ ユウジ at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

上司に「殴るぞ、この野郎」=暴言書記官を停職−横浜地裁(時事通信)

 横浜地裁は12日、上司に暴言を吐いたなどとして、40代の男性書記官を停職1カ月とした。
 地裁によると、書記官は昨年11月30日、執務室で注意をしようとした上司に対し「そんな時間ねえよ。殴るぞ、この野郎」などと大声で暴言を吐き、翌12月1日に無断欠勤した。同2日に出勤し休暇を申請する際、無断欠勤を上司から指摘されると、申請書を破り捨て、なだめようとした同僚に「あんたも給料もらってるんだろ。えり好みせずに仕事しろよ」などと暴言を吐いたという。 

<防衛省>陸自連隊長が異動 首相発言「批判」(毎日新聞)
<自民党>松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず(毎日新聞)
阿久根市の3課長「市長命令」と議会委退席(読売新聞)
役員刷新なければ離党も=自民・園田氏(時事通信)
坂本龍一さんら19人、芸術選奨大臣賞に(読売新聞)
posted by タカナシ ユウジ at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。